鹿児島での酒類販売の免許申請、通信販売の免許申請なら、鹿児島の司法書士・行政書士事務所へ

鹿児島でのお酒の免許申請ならお任せ下さい!

一般小売も通販・法人成りも酒類販売免許申請サポート・代行ならお任せ!

コンビニや酒店を始める際の一般酒類小売業免許 ネットやカタログ販売での通信販売酒類小売業免許 法人成りにあたっての新たな免許取得 など、鹿児島のお酒の免許申請はおまかせ下さい。

一般酒類小売業免許とは

お酒の販売をしようとする場合には、酒税法に基づき、販売場ごとに、その販売場の所在地の所轄税務署長から酒類販売業免許を受ける必要があります。

通信販売酒類小売業免許申請サポート

通信販売酒類小売業免許申請サポート概要

通信販売酒類小売業免許申請サポートには、税務署との打合せ・関係書類の作成・各種証明書の取得など、通信販売酒類小売業免許を取得するために必要となる全ての手続と書類作成が含まれています。

 そのため、お客様には余計な時間と手間を取らせることなく、通信販売酒類小売業免許を迅速に取得することができます。

 また、会社設立にあたっての融資相談やその他各種許認可申請、会社設立後の法務サポートから無料税理士紹介まで、幅広くお手伝いさせていただきます。

通信販売酒類小売業免許申請サポートは次のような方へおすすめです。

  • 初めて免許申請をする方で、何から手を付けたらいいかわからない方
  • 起業・開業準備が忙しく、免許申請に時間をとれない方
  • 事務作業が苦手な方
  • 開業後もいろいろ相談したい方

通信販売酒類小売業免許申請サポートの費用

サービス 料  金
相 談 無 料
通信販売酒類小売業免許申請サポート 12万円

*消費税・日当・実費は別途必要となります。
*上記報酬額はあくまで目安であり、事件の難易度等によって増減いたします。
*このほかに、消費税及び登記簿謄本取得や住民票取得にかかる実費等が必要になります。

通信販売酒類小売業免許申請サポートの流れ

  1. 免許申請についての打合せ
    通信販売酒類小売業免許を取得するにあたって、「販売場所」「取り扱う酒類」「酒類販売管理者」などを決める必要があります。お客様の希望を聞いて、法的に問題がないかどうか検討していきます。
  2. 必要書類の徴収
    会社であれば登記簿、個人であれば住民票などの必要書類の徴収を行います。
  3. 必要書類作成
    あわせて必要書類を作成していきます。
  4. 必要書類への捺印(お客様)
    作成しました必要書類に印鑑を押していただきます。
  5. 税務署への通信販売酒類小売業免許申請
    税務署へ免許の申請を行います。申請してから約2ヶ月後に免許が発行されます。

お客様に行って頂くこと

  • 販売場の図面のご準備
  • 販売場の賃貸借契約書等のご準備
  • 財務諸表のご準備
  • 残高証明等の資金証明のご準備
  • 書類への押印

※その他、免許申請に必要な手続は全て当事務所で行います。

当事務所がおこなう手続・作業

  • 税務署との打合せ
  • 販売場図面作成
  • 登記簿謄本などの必要書類の徴収
  • 税務署へ申請手続

当事務所が作成する書類

  • 酒類販売業免許申請書
  • 販売業免許申請書次葉1 「販売場の敷地の状況」
  • 販売業免許申請書次葉2 「建物等の配置図」
  • 販売業免許申請書次葉3 「事業の概要」
  • 販売業免許申請書次葉4 「収支の見込み」
  • 販売業免許申請書次葉5 「所要資金の額及び調達方法」
  • 販売業免許申請書次葉6 「酒類の販売管理の方法」に関する取組計画書

通信販売酒類小売業免許申請サポートのよくある質問

料金の支払い方法はどうなりますか?

お支払いは、銀行振込による全額前金でお願いしております。大変恐縮ですが、後払い、分割、クレジットカード払い等には対応しておりませんので、ご了承をお願い致します。

免許が出るまでにはどれくらい時間がかかりますか?

税務署への申請までの書類準備に2週間程度、税務署の標準処理期間が2ヶ月程度ですので、あわせて2ヶ月半程度かかります。

通信販売酒類小売業免許申請にはどれくらい費用がかかりますか? また、支払はどうなりますか?

免許申請にかかる費用は次のとおりです。

  • 【事務所報酬】 12万円
  • 【実費】登録免許税 3万円、その他登記簿謄本など 2000円

お支払いについては、ご依頼時に全額お支払いいただきます。

一般酒類小売業免許申請サポート

一般酒類小売業免許申請サポート概要

 一般酒類小売業免許申請サポートには、税務署との打合せ・関係書類の作成・各種証明書の取得など、一般酒類小売業免許を取得するために必要となる全ての手続と書類作成が含まれています。

 そのため、お客様には余計な時間と手間を取らせることなく、一般酒類小売業免許を迅速に取得することができます。

 また、会社設立にあたっての融資相談やその他各種許認可申請、会社設立後の法務サポートから無料税理士紹介まで、幅広くお手伝いさせていただきます。

一般酒類小売業免許申請サポートは次のような方へおすすめです。

  • 初めて免許申請をする方で、何から手を付けたらいいかわからない方
  • 起業・開業準備が忙しく、免許申請に時間をとれない方
  • 事務作業が苦手な方
  • 開業後もいろいろ相談したい方

一般酒類小売業免許申請サポートの費用

サービス 料  金
相 談 無 料
一般酒類小売業免許申請サポート 12万円

*消費税・日当・実費は別途必要となります。
*上記報酬額はあくまで目安であり、事件の難易度等によって増減いたします。
*このほかに、消費税及び登記簿謄本取得や住民票取得にかかる実費等が必要になります。

一般酒類小売業免許申請サポートの流れ

  1. 免許申請についての打合せ
    一般酒類小売業免許を取得するにあたって、「販売場所」「取り扱う酒類」「酒類販売管理者」などを決める必要があります。お客様の希望を聞いて、法的に問題がないかどうか検討していきます。
  2. 必要書類の徴収
    会社であれば登記簿、個人であれば住民票などの必要書類の徴収を行います。
  3. 必要書類作成
    あわせて必要書類を作成していきます。
  4. 必要書類への捺印(お客様)
    作成しました必要書類に印鑑を押していただきます。
  5. 税務署への一般酒類小売業免許申請
    税務署へ免許の申請を行います。申請してから約2ヶ月後に免許が発行されます。

お客様に行って頂くこと

  • 販売場の図面のご準備
  • 販売場の賃貸借契約書等のご準備
  • 財務諸表のご準備
  • 残高証明等の資金証明のご準備
  • 書類への押印

※その他、免許申請に必要な手続は全て当事務所で行います。

当事務所がおこなう手続・作業

  • 税務署との打合せ
  • 販売場図面作成
  • 登記簿謄本などの必要書類の徴収
  • 税務署へ申請手続

当事務所が作成する書類

  • 酒類販売業免許申請書
  • 販売業免許申請書次葉1 「販売場の敷地の状況」
  • 販売業免許申請書次葉2 「建物等の配置図」
  • 販売業免許申請書次葉3 「事業の概要」
  • 販売業免許申請書次葉4 「収支の見込み」
  • 販売業免許申請書次葉5 「所要資金の額及び調達方法」
  • 販売業免許申請書次葉6 「酒類の販売管理の方法」に関する取組計画書

一般酒類小売業免許申請サポートのよくある質問

料金の支払い方法はどうなりますか?

お支払いは、銀行振込による全額前金でお願いしております。大変恐縮ですが、後払い、分割、クレジットカード払い等には対応しておりませんので、ご了承をお願い致します。

免許が出るまでにはどれくらい時間がかかりますか?

税務署への申請までの書類準備に2週間程度、税務署の標準処理期間が2ヶ月程度ですので、あわせて2ヶ月半程度かかります。

一般酒類小売業免許申請にはどれくらい費用がかかりますか? また、支払はどうなりますか?

免許申請にかかる費用は次のとおりです。

  • 【事務所報酬】 12万円
  • 【実費】登録免許税 3万円、その他登記簿謄本など 2000円

お支払いについては、ご依頼時に全額お支払いいただきます。

お問い合わせはこちら

竹之下真哉司法書士・行政書士事務所
司法書士・行政書士 竹之下 真哉
所在地 〒890-0067 鹿児島市真砂本町27番5号 前田ビル1階
TEL:099-297-6908
FAX:099-297-6909
mail:info@kagoshima-osake.com
営業時間 9:00~20:00 土日対応

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab